FC2ブログ

萬FACTORY-2

[ 画像を貼ってコメントを書き込みます。]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戦争にイジメに幼児虐待は無くならないのか


腐っても「親」は親なのか?

あんな仕打ちをされても

5歳であれば

鬼畜な親を頼るしかない

すがるしかない

今回は児童相談所に

防いで欲しかった

助けて欲しかった

女の子の命

いやっ!女の子の気持ち・・・

どんな思いで亡くなったかと想うと

いたたまれない・・・

当分気分が悪いだろう

これは

氷山の一角



この瞬間も

親に

虐待さている子供は

ここ日本に

世界で何人もいるのであろう

「だったたら」

「この俺が育てる」

今回ばかりは

いつもより強く強く想う

覚えたひらがなで

よくできたね

よくおぼえたね

ってほめられるどころか

そのひらがなで

許しをこう・・・

なんて・・・

なんて・・・

そんなの酷すぎる・・・

病気で

わが子の成長を

見届けることができなく

亡くなってしまう親の想いとか

自分が親ににそうされたら

考えもしない

お前が死んでしまえ!!


















スポンサーサイト
  1. 2018/06/08(金) 20:52:14|
  2. 我想う
  3. | コメント:0

人の死について


産まれたのであれば

いずれ

命の終わりを迎える

どのくらい生きたかというより

どのように生きたか

誰と楽しいかけがえの無い時間を過ごせたか

そうであろう

何十年も嫌な環境で過ごすのであれば

素敵な数ヶ月の方が

良いではないか?

ずっと気になっていた親子が見つかった

山で遭難した父と子供だ

2人は生きてはいなかったが

ふたり折り重なるように発見された

どうして険しい山に・・・

なんで・・・と残された側は思うかもしれない

ふたりも元気で生きて帰宅するつもりだったのだし

結果論だ

それより親子がそばにいれて最後の時を迎えられた

それが

それが

救いだ

人生何が起こるかわからない

歩道を歩いていても車がつっこむかもしれない

もうすでに余命宣告されるほどの重たい病気かもしれない

今この瞬間

こんな気持ちでいられること

いがいとたまたまなのかもしれない

家族が楽しそうに笑っているのを

見れるのは「奇跡」に近いのかもしれない


その親子が手をつないで

天国へ登って行く後姿が

イメージできる














  1. 2018/05/29(火) 19:51:58|
  2. 想い
  3. | コメント:0

パパのお父さんはじぃじ




























じゅんぐりじゅんぐり

わたしの中にはじぃじが

むすこの中にはわたしが

じゅんぐりじゅんぐり
































  1. 2018/03/22(木) 22:07:37|
  2. 想い
  3. | コメント:0

残りの人生ヲ考えるというコト







久しぶりにブログを書く

今年も滋賀に行きました!

去年は「近江八幡」

今年は「彦根」「信楽」

田んぼに囲まれ

虫の声

農業用水のせせらぎ

サルもウロウロしている

これでもかというそこらに自生している「みようが」を調理方をかえお腹いっぱい食べ

ノンストレス状態

人生で最高の時間を過ごしてきました

『移住』したいという考えがまた何段階も高まり

近くのハローワークにまで行って仕事のお話まで聞き

手ごたえさえ感じてまたストレスだらけの日常に戻ってきてはや1週間・・・

本日も奴隷のように

働き

汚れ

疲れ

でもまだまだ「滋賀」での

お金では手に入れることのできない

出会いや人間のやさしさ

ひとのつながりのもつ大きな大きな力や無限の可能性や

よき想い出が

そんな私を癒しつづけてくれているのであります!!









  1. 2017/08/27(日) 00:04:23|
  2. かんがえ
  3. | コメント:0

そこにあって ここにないもの




八幡山


若きころ

都会を離れたいと考えるなんて

想像もつかなった

変れば変わるものだ

世界が

日本が

日本人が

変らないこともないのだ

革命が起こせないなんてこともないんだなと

滋賀にきて想った








なみだにけむる  ほしかげは  とおいそらからの  メッセージ
だれかがそこに  おいたのか  はじめにそこに   あったのか

しがつのはなは  さくらいろ  みらいのだれかに  プレゼント
きせつにもえる  はなことば  ようせいたちの   あいことば

ビりーブ ビリーブ
ナビゲーターは  たましいだ


いきていることの  しょうめいに   わたしのなみだを  びんにつめ
うちゅうのどこかに おきましょう   むすんでほどく   メッセージ

わたしはきっと   かなしみの    まんなかあたりで  ないている
わたしはきっと   よろこびの    まっただなかで   わらうんだ

ビりーブ ビリーブ
ナビケーターは   たましいだ

ああこのたびは    きらくなかえりみち
のたれじんだところで ほんとうのふるさと
ああそうなのか  そういうことなのか

すいへいせんを  こえてゆけ  ふなでのそらには かぜがふく
あなぼこだらけの ふなぞこさ  いかりはにどと おろさない


どこまでつづく  うなばらよ   きょうりゅうじだいの おもいでを
うたっておくれ  いつまでも   わすれてしまわ    ないように

ビりーブ ビリーブ
ナビケーターは   たましいだ




  1. 2016/09/06(火) 19:40:38|
  2. 想い
  3. | コメント:0

生き抜くチカラ


事始め


治安も良い

貧困家庭などの問題もあるが

まだストリートチルドレンが存在する国でもない

仕事だって内容や賃金などより好みしなければ仕事も無いわけでもなく

働いてお給金や報酬を頂き

払うもの払って

食べるものや着るもの買って

それを繰りかえす

そして時が経過して

やがてあちらの世界へ逝く

そんな事に疑問を持つとは思わなかったが

あ~素晴らしい人生でしたと逝ければそれでいいんだと

その為に今がこうなのだと






  1. 2016/05/22(日) 17:31:53|
  2. はじまりは今
  3. | コメント:0

遠回りも悪くない







最近電車で目的地へ行くのに

わざわざ遠回りをする

これは息子ができるだけ長く

いろいろな種類の電車に乗りたい

に付き合ってのことでしたが

最近はこちらもそれが楽しくなって・・・きまして・・・

仕事で車で通過した踏切を電車からみる

この区間はこんな感じなんだと車窓を楽しんだりと

なんだか悪くないことに気がついた!

北海道へ新幹線の時代ではあるが

時間というプロセスって大事だったりはしないのだろうかと












  1. 2016/05/06(金) 20:13:05|
  2. こんな一日
  3. | コメント:0

ピンチはチャンス!



kagetuen







  1. 2016/03/17(木) 00:42:19|
  2. 我想う
  3. | コメント:0

何を大切にするのかは人それぞれ

yuuyami


○MAPも

○ッキーも

私にはどうでもいい!!


どうにかしたいのは

児童虐待が多いこと

未来を担うのはこども

子は宝だちゅーの!!













  1. 2016/01/21(木) 21:44:00|
  2. 我想う
  3. | コメント:0

反戦の根を残して生き証人が逝く


ootsuka


野坂昭如さんが亡くなった

言いたいことは言う!!

そんなスタンスがもろに伺えた

ジブリ映画『火垂の墓』の原作者でもある

この映画は何度もTVで放映されているが

1度も全編見たことがない・・・

観ようとするのだが途中で観れなくなるのだ

辛すぎて・・・

悲しくて・・・

切なくて・・・

いつも途中で断念してしまう・・・

日本人として観なくてはならない映画と思うのだが

ダメである・・・


ラジオ番組に宛てた最後の手紙にも

よく現場へいく車で聞いている

そこでも戦争の事を書いている


「日本がまたあの戦争をするような国に簡単になってしまわないかと・・・」


自分も70年前に若者を敵の軍艦にお国の為になんていう国だまた・・・と思ってデモに参加したりしている


何年寿命があるか?わからないが!

自分も生涯『戦争反対』のスタンスをむき出しに生きます。







  1. 2015/12/10(木) 23:52:23|
  2. 我想う
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

萬FACTORY工場長

Author:萬FACTORY工場長
何事も楽しんでやりなさい。

楽しんでやることで、

思わぬ力が発揮されるものなのだから。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ

ご意見・感想お待ちしております!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
75234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
2976位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。